MANGADORON

アコギを買ったときの話。

アコギを買ったときの話。

エレキギターが好きな理由は、ロックぽくてかっこいいことと、弦が細くて下手でもそれっぽく聞こえること。

そんな理由でかれこれ20余年、エレキギターオンリーで音楽をやってきていたんだけど、

どうにも昨今、思い出した時にお呼ばれしていた弾き語りのイベントで共演のみなさま方のステージを見ていて、だんだん欲しくなってしまった。

部屋の中で歌とギターを聞かせるのに、柔らかでふくよかなアコースティックギターの音って、やっぱりいいなあと。

(そして、エレキギターでの参戦に、結構限界を感じていたんだよな。。)

しかしながら文化的に全く取り入れてこなかった、アコースティックギターという新しい相棒選び。

弾き語りという文脈とは少々経路が違うものの、目についたのはギブソンのブルースギターでした。

所謂「フォークギター」の持つ世界観やビジュアルが、どうにも自分に似合わない気がして(たぶん気のせい)。というか、全然フォークやフォークロックに詳しくないコンプレックスがブレーキをかけ。

自身の引き出しにあった唯一(?)のアコースティックギターフィーチャーな音楽として「ブルースだろ、やっぱ」と、弾き語りやるならマーチンとか、ギブソンならJ45じゃんか、というセルフツッコミを無視して、ギブソンのL1とかL2を試奏で引き倒して回ったのでした。

ロバジョンとL1?、L00?
くっそかっこええよな。
たっまんねえよな。

昔は試奏苦手だったんですが、歳とると「恥ずかしい」とか逆にどうでもよくなって、いく先々楽器屋で、

「これだわー」

「ふかいわー」

とかとか、孤独のグルメ的独り言をぶつぶつ言いながら試奏。

結局買ったギターは、KEY楽器オリジナルのコピーモデルでしたけども。

この歳になってコピーモデル買うかー、という思いもありつつ、立派なギブソン買える富裕層ではなかったですわ。ええ。

安心の寺田ギター製。ピックアップついてて、バンドでも大活躍っすわ。
あと、見た目は大事。これ絶対。

色々触ってみて心底。ほんとに。

エレキギターよりダイレクトに、ギターのポテンシャルが手と耳に帰ってくる、シビアな楽器だなーというのと、

ギター一本で納得できる、ふくよかでレンジの広い音が出るなーという、いまさらな驚きに、アコースティックギターの面白さを体感してしまったんでした。

あと、オールド原理主義などは持ち合わせていないけど、、きれいにエイジングされたギターの音の深さったら。今の世の中でこんなに身近に、時と人の手による深み・感動を感じるとは。

いい歳してから買い足してしまったギター、頑張って素敵にエイジングできるように頑張ります。

(こういう話、この後の僕のギター談義には毎回ついて回るんですが、直接酒飲んで話すと客観的に絶対めんどくさいので、こういうところでこっそりぶつぶつ呟きます)

アコースティックギター(エレアコだけど)大活躍しだした新曲。ベルベッツは悪ふざけです。ごめんなさい。

ゆうたレッド