MANGADORON

「ギター10本あげます」と言われて悩む妄想の話。1本目:ドブロギター

「ギター10本あげます」と言われて悩む妄想の話。1本目:ドブロギター

父親にギター買ってもらったのが小6。ちょっと触って、弾けず、飽き、放置。

中2の夏に、B’z に入って体育館のステージでライブをしてモテモテになる夢を見て、突然猛練習をしたのが最初でした。

雑誌は「バンやろ」。たまに「ギグス」と「ヤングギター」。

楽器屋の広告みながら「この中で10本ギター貰えるとしたらー、うーん」というやつ、この頃やった人は多いんじゃないでしょうか。

大人になったとて、それを叶える経済力はなく。久々妄想してみました、1本目。


ドブロ・ギター

「これください!」1本目はドブロ。本当はリゾネーターギターか。そこの一番かっこいいやつ、カートに入れといてください!

きっかけはブッカ・ホワイトの動画。

ドブロが欲しいと思った話。YouTubeって素晴らしい。戦前ブルースの演奏が映像で残ってるんだから。)

まずは音っていうかプレイスタイルに一目惚れしたのだけど、この、ポッコポコでパーカッシブなアタックと、金属の箱独特のハイミッドのビリビリした艷がたまんない。

サンハウスも最高。ドブロが、ってのよりそもそも、ギタープレーがかっこよすぎ。無骨でパワフルなピッキングとスライドバー、アルミの共鳴版(コーンっていうらしい)が出す叫び声みたいな音。テクニックもサウンドも本当にイチから作る時代、考えるだにスリリングだ。

デルタ・ブルースはもう、酒かっくらって聴くもの。自分で演れるじゃないから、、横に置いといて。

最近のバンドだと、誰が持ち込んでるんだろう。G.LoveとかJack Johnsonとか使ってそうな気がするんだけど、明確にこれ!ってのがわかんないんだよね。

MANGADORONもアコースティックセットに持ち込んでみたい、できる気がちょっとしない。

この無骨な楽器を弾きこなす鍛錬、大変そうだなあ。

あと、この音を使いこなすボーカルの力量と存在感も、鍛錬だなあ。

酒かっくらって、まずは部屋で一人爪弾いて楽しむことにします。

妄想だけどな!

ゆうたレッド