2021年を振り返る。地味に色々あったなあ、な11トピック。

2021年を振り返る。地味に色々あったなあ、な11トピック。

はー、今年もワープアなサラリーマン。器用貧乏のオーバーワーク。無事、仕事納め完了。お疲れ様でした。

2020年は確実に停滞の1年だった気がしていました。
コロナ、後厄、仕事etc.、バンド活動も大人しく、ゆっくり時がすぎるのを待つというか。
なんとなくほんとに、大ごとなく厄年が終わるのをまっていたような 笑

開けて今年、2021年は、ほんとにたくさんのトピックが。バンドも仕事もプライベートも。
大変なものもありつつ、溜まったさまざまな課題にめげず、どう前向きに向かい合っていくかというのが来年テーマやな。

大きなトピック2つ、小さいの9つ、全11トピック。
ブログにいちいち書くんかーい、否、自戒、気概の念、いや、単なる思い出の記録。




 福ちゃん脱退(引退)。MANGADORONが二人組になる。

年末最後にでかいのきたよね。今まで数々のバンドをやっては潰してはしていたのだが、10年以上も続けてたら、こんなことがあるなんてすっかり忘れていた。
俺43、高橋くん42歳、福ちゃん50歳。そうだよな、向く先が変わらないことの方が恐ろしい。寂しいが、麻痺して添い遂げることの方が俺たちは怖い。
彼を見送り、年明けからまた、こっそり表現活動して派手にパーティーしていくマンガドロンを整えていかなきゃだ。

他人事だと思ってた。俺もまだ真ん中にいるので、やらなきゃ。

この歌詞、しみるなぁ。

ゆーワケで せっかくだし 悪いけど 続くよ まだ二人いる

The ピーズ 「実験4号」

 転職する

9年勤め上げた会社を退職、転職。
世間でよくいう「40代の転職は大変だよー」をやってのけた。

20歳で専門学校を卒業してから29歳まで皿洗い。
30手前で制作業界に滑り込んで、バイト、契約社員、フリーランス、出向プロジェクトを経て38歳で初めての正社員という、会社の飲みの場で話すとちょっとした小話ができるくらいの独自のキャリアサバイバル。
就職転職のノウハウなんてわからぬ。でも、なんとかできた。

コロナ禍、おっさんなのに、面談〜最終面接までテレビ会議。
仕事もテレワークに終始し、年末ついに初出社できたという。

新しい生活様式で、新しい現場でヒーヒー頑張っています。

「Webディレクター」という仕事のマーケットプライスは確実に落ちている。そもそも「Web制作」という仕事自体が旧時代のものになった、誰もがそれに気づいたこの時代に、自身が市場で独自価値を出せるケーパビリティの(ーーーーーーー続きは有料のnote記事でーーーーーー)

嘘です。

飲みにつれてっていい気分にしてくれたら、いくらでも話します。

一個、大事なこと、どんな会社で何やるとしても「ゆうたレッドは魂売らない」には死ぬほどこだわる、ということ。

たまーに、いまだに、表現者は会社員になったら負けっていう人いるけど(ほんとにいて驚くことが、ほんとたまにある)、違うよ。草鞋なんこ履こうが、どこにいようが地に足つけて戦えなければ、ダセエってのが本当よ。己に言い聞かせる。がんばりまっしょい。がんばる。

あ、あと、ZOOM面接では黒染めスプレー役に立ちます。


3 引っ越す。

転職したら住宅手当が(ちょっと)出ることに。来たる99%テレワークに備え、ついに転居。
三茶 to 三茶、ライフプランは圧倒的に未計画。
でも、仕事部屋を確保して昨年の大変な状況とは変わり、自宅でオフィスと同じパフォーマンスができるようになった。
ワーキングデスク+チェアに、Wi-Fi6のメッシュ化もほんと快適。

→ 去年の様子はこちら(https://mangadoron.com/2020/05/19/work-at-home/

仕事部屋でPCをシャットダウンして、「ただいまー」といいながらリビングに戻る。すごい時代になった。



4 山口兄弟と、リリースする。

もう、バンド周りは色々あり過ぎて2年くらい前だと思ってたけど、今年だった。
MANGADORONと山口兄弟、シングル1曲リリース。

→ 「ビデオボーイ・ビデオガール」特設サイト (http://nerd-dude.com/manga_yamaguchi/videoboy-videogirl/



80年代後半〜90年代にだんだん思春期に突入していく世代としては、
三和出版「ビデオボーイ」も、桂正和「ビデオガール(電影少女)」も、ブッダブランド「人間発電所」もデビッドボウイ「チャイナガール」もドキドキで、これをごった煮にするセンスはもっと評価されるべき、もしくは怒られるべきだし、

ビジュアルもMVもトラックも最強だと思うので、もっと世の中に広まったらいいと思います。笑


5 新しくバンドを始める

飲み屋で知り合った面々と、「NOFXのコピバンやろー」と話していたところ、メンバーの一人が行く先々のバーで「俺バンド結成したんだよー、めっちゃいいよこのバンド(スタジオすら入ってない)」と吹聴。
バーでのライブを取り付けてしまったという酷いバンド、S.M.O.P.。

1ヶ月かそこらで1ステージ分の曲書いて、緊張しながらステージに立つなんて、40歳過ぎて早々経験するもんじゃない 笑。いい経験をしました。
メンバー各人、メインバンドの活動もあるので(MANGADORONもバッタバタだ)、レアになりそうですが、ポっとライブするので、その際はぜひ。

青山 ダイニングバー GUDENEでの初ライブ、子供受けが異様にいいオリジナル曲「くっせーラーメン」と、まさかのRANCIDの日本語カバーです ↓


6 WEBサイトの乗っ取りにあう

MANGADORONのサイトが、悪意のあるプログラムにいたずらされる珍事。

サイトに関しては特にノールックなメンバーたちに、「MANGADORONのサイトってブログとか頑張って更新してるんだよ〜」って言いながら画面を見せようとしたら発覚。
MANGADORONの情報、じゃなくてバドミントンのシャトルの販売画面みたいのに乗っ取られていて焦った。
徹夜で復旧。もういやだ徹夜は。
WordPressのセキュリティとか、なんとなくよくチェックするようになった。情報サイトが英語ばっかでよくわかんなくて辛い。

Web業界の人として転職した側からこれはなかなか恥ずかしい、そして美味しい。
早速、転職したばっかの会社で話すと、ウケた。


7 TOEICを初めて受ける

転職の兼ね合いで初めてIPテストを受講。
ガンズアンドローゼスで得た英語知識を最大限活用してやった。300点台だった。やばすぎる。恥ずかしすぎる。



8 息子が一人でトイレに行けるようになる。

怖くて行けなかったんだって。でも、サンタが仮面ライダーの変身ベルトくれるようになったから、頑張るんだって。エモさしかない。



9 アコースティック&ギター2本編成でのライブをやる

GEERAのベーシスト、水野くんをゲストにお呼びして4人組のライブ。
めっちゃくそ、楽しかった。来年はメンバーがっつり探さなきゃ。



10 めっちゃ音楽を聴く。

転居の結果、レコードプレーヤーを置く場所を確保して、音楽を聴く体験を再発見。
若干お金を注ぎ込み過ぎ、いったん沈静化をはかっている12月。あー、レコード屋さん行きてー。



11 老眼がやばい。

結構辛い。特にスマホ。生活が辛いのと、加齢を自覚させられるのがただただ辛い。


思いついた順に散文を記述しましたが、うーん、今年はすげー色々あった、あり過ぎた。
厄年が終わるまで活動を大人しくしてた反動で、いろんな出来事がすごいスピードで巡っていった。
MANGADORONのリリースも予定してたんだけど、制作期間が伸びて、年明けになっちゃったりして、でもこんだけイベントだらけの年、もう入らないよ、来年でいい 笑

けっこう大変だったよ、参っちゃった出来事もあったけど、基本楽しかったっすわ。OK。

来年も、MANGADORONでサラリーマンで一児の父で酔っ払い、ゆうたレッドはまた激動するのであろう。
オンゴーイング、グイッといきましょう。

引き続き、本当、何卒、よろしくお願いいたします。


ゆうたレッド